相互オナニーを楽しんだ幼稚園の先生とのタダマンにも成功

 性春(せいしゅん)を駆け抜ける、齢22歳にしてやっと、これを膝下に置けるようになりました。
高校時代の友人、藤原の使ってきた出会い系サイトで、俺の人生は大きく変化しました。
それまでの状況とは全く違う。
女と仲良くするのは、超簡単!
なんて、今では言えてしまっていたりするんです。
Jメールにしたって、ワクワクメールにしたって、その魅力いっぱいの存在に、女の子たちがたくさん!
つまり、これらの出会い系サイトを利用することで、どんな男にだってチャンスが巡りこんでくるのです!
しかもタダマン。
無料のオマンコ。
金銭なしの挿入です!

 

 長らく、相互オナニーを楽しんだ、幼稚園の先生莉乃との関係も発展を見せるようになりました。
やはりオナニー鑑賞というのは、男女にとって大きなインパクトを与えるものです。
センズリ鑑賞させてからというもの、幼稚園の先生は頻繁に通話を求めるようになってきたのですから。
「どうせなら、生の肉棒を味わってみないか?」の誘いに「はい」と、従順な返事が返ってきたのです。
LINEからラブホテルへ、舞台を移動することになりました!

 

 さすが子供の相手をしている女の子。
母性豊かなものを感じる。
乳だって、テレビ電話では見ていたけれど、大きめ。
顔も悪くはない。
彼女の美しくもエロいオマンコが、今現実に目の前にある。
さっさとみたい衝動から、挨拶だけでホテルにチェックインでした。

 

 莉乃のキメ細やかな肌に、より挑発される気持ちになってしまいます。
オマンコの臭いも、性的な欲望をたぎらせてくれる何かがある。
直接耳にする、莉乃の生よがりに、チンコがやたら硬く膨張してくれる。
不満な彼女、しゃぶらせればなかなか離してくれない。
延々となめ続けてしまうのではないか?と思うほど、かぶりついてくれたのです。
もちろん彼女のオマンコの中でも、たっぷり動かし続ける。
1回戦で終わるまでもなく、2度3度と彼女のオマンコで、真っ白な青春を爆発させていきました。

 

 LINEで藤原に「2人とタダマンができた」と、報告しました。
「そうか、性春を吉田もやっと手にできたか!」
「大学の最後の生活、メチャクチャ華やかにできるぜ!」
これは、俺の本当の気持ちでした。
まだまだ、違った女の子の味を楽しめて行ける!
出会い系サイトがあれば、それ確実。
Jメールも、ワクワクメールも、俺の期待は絶対に裏切らないのですから!

page top